スポンサーサイト

小森の純ちゃん

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by小森の純ちゃん

やっぱCSはおもろいnaaaaaa

小森の純ちゃん

ブログなんてなかった

と言わんばかりの放置っぷりでしたが最近またぼちぼちCSOしてます。
しばらくやらないでいて久しぶりにFPSをやるとやっぱりダメプレイになっていて、こういう時っていつも色々なことを感じます。
この2ヶ月でCSから離れたりまた戻ってきたり・・その中で思ったことをグダグダながら書いてきます、時間と興味のある方は読んでみてください。
・・・といいつつカテゴリは[純ちゃんのCS論]で書いてます。CS上達のヒントを見つける方法のひとつとしてここを見てくださっている方のプラスになる文章になれれば幸いです。

■闘争心の有無
俺は基本的に他のプレイヤーに憧れや尊敬の念を持つこことはありません(これはプレイに関して。人間性を尊敬することは多々あります)。なぜなら憧れた時点でそのプレイヤーを越えることはできないと考えているからです。どんなに強いプレイヤーに敗北しても、自分にできないはずはないと"思いながら"練習します。何が言いたいかっていうと、とにかく自分が負けたことに対して納得はしたくない性格なわけです。
それで今までやってきたんですが、こっから本題。
この夏しばらくCSから離れていた自分が久々にCSOをやったとき、上に書いた気持ちが完全に欠けていた。前までは「負け」ってのもに対してすごく悔しさを感じていたのに、やられても「あ~あいつうめ~w」とか言って笑ってしまう始末。仲間とVCをしながらCSOをやる楽しみは感じつつも、勝つために感じるべき感情を忘れていた。ここに、夏をはさむ前後の自分の「闘争心」の有無の差があったわけです。

■悔しい気持ちを大切に
思い返すと闘争心が欠けてる最中って、「ムッとする」ことがほとんどない。それは純粋にCSを楽しめているといえば聞こえは良いが、どうも何か足りない・・・。
んーでよくよく考えたら俺がFPSを始めてから今まで、この「ムッとする」ことこそが一番の上達へのカギだったんじゃないかなーと思うんです。クソ初心者の俺がCS1.6に手を出したころ、国内のTOPプレイヤーにボコられ舐めプレイをされ、強豪クランにボコられ煽られ・・・いつもUZEEEEEEEEEEと思いながら「いつか倒してやる」と練習してきましたwでもそれが結局のところ、自分の反省点を見つけるきっかけとなり、どうしたら彼らを倒せるんだろうと追求する意欲を生み、上達に繋げることができたんだと思います。あの時うまいプレイヤーに煽られなかったら、ただ身内でワイワイやるだけでいたら・・そう考えると、悔しい思いをすることがどれだけ大切だったかを痛感します。
(とはいうものの、試合中にそんなイライラしながらやってるのは賢いとは言えません。チームメイトにもその空気は伝わるし、試合中は冷静な判断力を保つことを心がけるべき。負けた悔しさを、試合後になって忘れてはならないということです。)

しかしこれは舐めプレイや煽りを促進してるわけじゃありません。この記事で伝えたいのは、自分が負けることに常に悔しさを感じなければいけない、そしてその原因を追究して改善していかなければならないということ。「負けても楽しい」と言ってるうちは自分が負けたことから目をそらしている、もしくは負けることに慣れて勝ちたい気持ちが薄れてしまっている、すなわち上達できないということです。

■CSも対人競技、スポーツマンシップを持とう
そんなこと言ったらCS界は常に殺伐とするべきなのか!?って思う方もいるかもしれません。
そこでひとつ、ある大御所の芸人の方が言っておられた言葉を紹介します。
「芸人というのはどれだけ大先輩が相手であっても、本番中は笑いを取るためだったら失礼なことだって全力でやれ。そのかわり本番終了後に楽屋でしっかりと謝れ。」
これを聞いてとても納得しました。芸人とCSプレイヤーが全て同じとは言いませんが、「人と人」の精神論として通じるところがあるのかなと。
試合中は相手をぶっつぶす!くらいの気持ちでプレイして、試合が終わったら本気でぶつからせてくれた相手に誠意を込めて挨拶をする。それが大事なんだと思います。熱くなりすぎて多少の死体スプレーや死体撃ちをしてしまうプレイヤーだっているかもしれません。しかしそれは終わったあと素直に謝って、きちんと謝ってきたのならやられた側もネチネチ言わず許してあげましょう。
まーそんなこと言っても、やっぱり勝ち負けがつくCSで全てこの理想どおりになんていかないけどw
それでもやっぱりe-sportsだって立派なスポーツ。スポーツマンシップを持ってプレイをしていきたいものです。

■おわりに
補足補足という感じで文章を付け加えていたら、毎度ながらまとまらない文章になっちゃいました。
今回はテーマがしっかりと定まっていない記事なだけあって全体がモヤっとしてるんですが、これからまたCSやってくためのスタートの記事ってことでw
ちなみにごく最近は半額キャンペーンで武器コジキをした関係もあって、小森の純ちゃんじゃないアカウントでやってます。「Q」から始まる俺っぽいのがいたら遊んでNENENEヾ(´ε`*)ゝ
それでは、今回もここまで読んでくださった方ありがとうございました。
バイバイキーン☆
Posted by小森の純ちゃん

Comments - 4

There are no comments yet.
おぐまっぷ  

「芸人というのはどれだけ大先輩が相手であっても、本番中は笑いを取るためだったら失礼なことだって全力でやれ。そのかわり本番終了後に楽屋でしっかりと謝れ。」
これは格言ですね。俺も常々そう思ってるんですが、やはり草食系だなんだいって遠慮ばっかする人が増えすぎましたよね。
俺はいつもふざけすぎて女子に引かれてるのですが、こんな僕でも拾ってくれる女の子っていないんですか?
もう男の娘でもいいです

2011/09/12 (Mon) 20:40 | EDIT | REPLY |   
小森の純ちゃん  

なにごともメリハリやでぇ~
普段静かな人が騒ぐ場ではっちゃけるのと、普段ふざけてる人が真面目な場でビシっとすんのだったら、後者のが簡単だと思うんだYOYOYO
ふざけられるのは、いいことやでぇ~
エセ関西弁でお送りしました

2011/09/16 (Fri) 06:06 | EDIT | REPLY |   
ArecT  

正直最近"萎える"ことが多くなっていたんですが、それもただ逃げてるだけですよね。

この記事を読んで喝が入りました!ありがとうございます!

あ、CSOにお帰りなさい

2011/09/17 (Sat) 13:44 | EDIT | REPLY |   
小森の純ちゃん  

>>ArecT
うんうん、どの業界でも萎えないことこそトップに近づくための重要な要素のひとつだと思います。
あ、CSOにただいま(。・д・。)?

2011/09/18 (Sun) 09:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。