スポンサーサイト

小森の純ちゃん

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by小森の純ちゃん

独りよがりなクラン戦では強くはなれない。

小森の純ちゃん

チームを立てて1ヶ月がたちました。
細かいとこは徐々に良くなってきてるんだけど、その修正してきているプレーが無意識でないぶんグダったりして展開が速いチームには思いっきしスコられてますw
そういう試合をする中で、うちも含めてもう一歩ステップアップしたいチームが改善すべきだと感じる点を書いていこうと思う。

ある程度勝つためにクラン戦をやっているチームは試合前や試合後にチームで練習して、それを試合で生かすよう努力しているとこが大半だと思う。
その内容を具体例で示せば、「みんなちゃんと報告しよう」「練習した攻め方しよう」「誰が誰のカバーしよう」等々、チームの動きに関する考えですね。
一人ひとりのこの意識がチームの基礎を作るしそれはとても重要です。

ですが、上に挙げたようなことって、自分たちのチームが勝つときも負けるときも、内容は変わらないんですよね。キャットを攻めるのはこういうFBを入れてー、ロングをはさむタイミングはこういうときでー、って同じことの繰り返しです。それでも100%勝ち続けることや負け続けるってことはありえない。ではなぜ同じことをやるのに勝ち続けられない、負け続かないのか。それは当たり前ですが相手も人間、やることが毎回違うからですね。
これをわかりやすく言うと(やや極端ですが、)CSは自分のチームが同じ作戦をやった場合に、勝ち負けを決める最大の要点は相手がどこにいるか(どう動いているか)であるということです。
そこにAIM力の差や運といった要素が絡んでちょっとした傾きがまたあるけどね。

よく試合をするチームと勝ったり負けたりでイマイチ1歩リードできない・・・ってチームは間違いなくここの部分が欠けてると思われます。そしてうちの課題もまさしくここw
結局相手がどう動いているかわからないまま自分たちの攻めをやっているから、たまたまハマれば勝つし、たまたまハズれれば負けるの繰り返しになっているということです。これを「独りよがりなクラン戦」と表現してタイトルを決めたわけでござーす。

さてそんなどうでもいいことはおいといて、これを打開するためにやるべきことは2種類あります。
まず足音や投げ物それから銃声など相手から発せられるヒントをフルに使って、現在の相手の位置を特定すること。
→この情報から相手がどういう配置で守っているのか(どういう攻め方をしてくるのか)を読み取ることができ、そこでやっとそれに有効なチームの動きというものがでてきます。

もう一つは、自分たちが仕掛けたアクションによって相手が数秒後にどこに動くのかを予測すること。
→この能力が相手よりも優れていると、よほどのAIM力の差や運が悪かったりしない限りは勝てるんではないでしょうか。これが苦手だと主にテロリストでグダる。グダってCTが続々と行き先に集まってて詰む。

後者は難しい。難しいからこそ、これができるチームになってくると他のチームとの差をつけることができるはずです。
ひとつヒントになりそうなことを書いておくと、「"後々のラウンドで相手が○○にこれないように"このラウンドではこう動いておく」というのも重要な予測の方法だと思います。相手をビビらせる戦法をとって、次ラウンド以降の相手の動くコースをひとつ封じるということです。

こういう細かいことを書き出すとまたまとまんなくなるんで、今日はこの辺で終わっとこうw
とにかく、まずはこういう意識を1試合通して持ち続けてみることから、頑張ってみましょう!
ではヾ(´ε`*)ゝ
Posted by小森の純ちゃん

Comments - 2

There are no comments yet.
Mess1  

ブログ更新よろですvV

はよ更新よろですvV

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2011/10/23 (Sun) 03:52 | EDIT | REPLY |   
小森の純ちゃん  

あらししねやカス

2011/10/25 (Tue) 05:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。