小森の純ちゃんのCSなブログ
FPSぷれいやー、小森の純ちゃんのブログ。CSOがメイン。たまにCS1.6。まれにTF2、CS:S、CS:Pなど。
http://komorinojunchan.blog29.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
(※自分で読み返してみたらダスト2のBやインフェルノのBもしくは砂場(キャット)守りに特化したような記事になっているので、それを考慮して読んでいただけると助かります。別のポジション向けの記事も別で書く予定です。)

こんばんは。
今日はCTの守り方(爆破マップ)に関して書いていきます。

まずCTが苦手な人に一番最初に伝えたいことは、動きながら守るCTは基本的に弱いということ。その理由は単純で、CSは頭が出てくるところに照準置いといたほうが強いから。それから隠れている場所がバレていなければメンタル的にも、相手にプレッシャーを与えることができるから。
テロはボムをポイントに設置するという目的があるから攻めなくてはならないけど、単純に撃ち合うだけなら確実に待っていて頭の位置に照準置いといた方が強いです。

しかしながら、CTが苦手って人の動きを見てると、テロそろそろ来ないかなーって覗いてる(ように俺には見える)感じで、うろうろしながら守ってる人が多くいます。
例を上げればD2のAポイントでキャットからセンターをチラ見したり戻ってロングをチラ見したりとか。それからB守りでせっかく隠れて待ってるのに我慢できなくなってB通路覗いちゃうとか。

それで敵を発見できたとして、それがどうなるだろうか?
自分の位置は相手にバレるし自分も動いているから、撃つまでにストッピングという動作を入れなければならないので反応が遅れます。さらにそうやって早い段階で自分が死んでしまったら、他のポジションの仲間がカバーにこなくてはならず、チーム全体がバラけて敗北に繋がります。
それが、自分の生み出してしまった「隙」。
強い「待ち」をやめて「隙」を生み出すことで自分は不利になります。


でも強いプレイヤーは積極的に覗いたり動きまわっているのにばしばし敵をなぎ倒してるじゃん!これはどう説明するんだ!という声が聞こえてきそうなのでそのへんも説明しときます。

強いプレイヤーは自分から顔を出す場合、たいていFBやSGといった投擲物を駆使して相手を不利な状況に追いやってから顔を出します。しかしこれもただやみくもに投げたんじゃあ、自分の位置がばれるだけ。

強いヤツのそれは、相手が”どのへんにいる”ということ、それから投擲物を投げるタイミングをわかっているから勝てる。強い人は"AIMが良い"からCTで顔を出しても勝てるんではなくて、"ここで顔を出せば勝てるというタイミングを知っている"から強いことを頭にいれておくといいかもしれません。
それをわかっているからこそ、自ら「隙」を生み出してまで攻撃的な姿勢に出ても強いということです。

要するに最初のうち、つまりここぞというタイミングをわかるようになるまでは、CTで顔を出すことは圧倒的に不利だということです。

今日はここまで。
あともう1個か2個くらい、CTについて記事書いてく予定です。
ばいにぃ。
 
スポンサーサイト

小森の純ちゃん

Author:小森の純ちゃん
Counter-Strike Onlineに最近ハマってます。
フレンド大募集中!
相互リンクも大募集中!

未分類 (8)
日記 (41)
レビュー (6)
純ちゃんのCS論 (33)
CSマメ知識 (2)
ファイルうp (8)
試合SS (1)

このブログをリンクに追加する

QR

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 小森の純ちゃんのCSなブログ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。